少女ab

気ままに 日常と感想と

7/11石田亜佑美写真集『It's my turn』発売記念握手会レポート

f:id:mrmrrr:20160915221146j:image

全然更新してないのは置いといて


11日、用があり上野のほうへ彼氏と行っていたのだが!!突然!彼に渡されたオレンジの紙。石田亜佑美写真集発売記念握手会の整理券と書いてあるではないか。突然のことでwhy?な私を見てニコニコする彼。再度「石田亜佑美」「握手」という文字を確かに確認し、私、大江戸線の中で半ベソ。かくして新宿へ向かうのであった。

 

新宿サブナード
新宿はよく来るものの、サブナードに来たのは初めてだった。新宿といえば学校か、世界堂か、乗り換えか、それくらいであった。ここでよく握手会をやっているのは知っていたが、今まで「握手会なんてそこまでハマったら(アカン)」くらいの認識だった私は一生来ないであろう場所だった。そんなこと思っていたわりには、整理券を見て電車の中で泣いたわけだが。新宿サブナードについたのは17時くらいで、整理券に書いてある集合時間は18時40分。時間つぶしのために入ったカフェ・ド・クリエでとりあえずアイスココアを飲む。そこで彼が一言「手紙とか書かなくていいの?」


そうだ!!!!手紙書かな!!!!!!!


昨年の6月演劇女子部を見に行った時に初めてだーいしへ手紙を書き、その3ヵ月後秋のコンサートツアーPRISMの初日で2通目の手紙をヲタを掻き分けてプレゼントBOXへ投げてきた。たいしたことは書いていない。いつも便箋1枚である。レターセットなんて持ってきてないのでアイスココアもそこそこに店を出てサブナード内にあるダイソーへ走る。メンバーカラーの青っぽい封筒があればいいなと思い見つけたのは水色のしろくまレターセット。

f:id:mrmrrr:20160714134405j:image安心と信頼のダイソー商品

色がはーちん、しろくまはチェルっぽいけど、愛しのだーいしちゃんよ、メンゴ。カフェに戻り「お手紙の書くのはたぶん3度目です・・・」から始まる当たり障りのない「初めての握手です緊張してます」的な文章を書き封筒にinしたのであった。

 

・集合場所へ
そろそろ時間というところで移動。会場ではすでに取材が始まっているようで、カメラのフラッシュとだーいしの声を確認。ここで「マジじゃねーか」という気持ちになる。(マジじゃなかったらなんなのか)集合場所の赤レンガ通路だかなんだか(名称忘れた)に行けばいるわいるわハロヲタの群れ。オッサンだらけかと思いきや若い方も案外いらっしゃる。初めてなので流れが全くわからなかったのだが、どうやら番号順に呼ばれて大きな列に並ぶようだ。呼ばれてから201番の整理券を持ち列へ。番号順と言っても、厳密に番号の通りに並ぶのではなくて、そのへんはわりと大雑把で隣の人は230番くらいの番号だった。おそらく多少遅刻しても大丈夫なんだろう。並んでいる間緊張感が高まっていき、完全にオリジナルな自主制作石田Tシャツを着ているオッサンヲタを見ても、何も思えなくなるくらいだった。むしろ私も今日青いワンピース着てきてよかった〜とか考えていた。それにしても待機している人が多すぎる。何回も並ぶ人もいるだろうが、500人くらいは握手したのだろうか。

しばらくして列が動き握手会のブースがあるところまで大勢のヲタと共に進む。まるで遠足のように。通行人の目線などもはや気にならない!我々は皆石田ヲタだ。心強い仲間であるのだ。同志なんだ。ブース手前で整理券を渡し、まずは写真集をゲット。実は私、写真集を手に入れるのは初めてであるが、この時は手にした写真集よりも、握手の時に何を話すかを必死に考え、脳内シミュレーションを行った。

〜〜〜〜〜〜〜〜

私「握手会初めて来ました!」

石田「わぁ〜ありがとうございます!」

私「とっても大好きです!応援してます!」

石田「嬉しい!ありがとう!」

私「お手紙書いてきたので読んでください!」

石田「読みます!ありがとう!ばいばい!」

私「ばいばーい!」

〜〜〜〜〜〜〜〜

シミュレーションは、完璧である。

 

・モノホンのだーいしと握手

ブース手前には空港の荷物検査のような荷物を置くカゴがあり、そこにすべての手荷物を預ける。アクセサリーなどは外す必要ナシ。そして少し進めば本物の石田亜佑美が見えるではないか!!!!!

可愛い!細い!黄色いワンピースだ!あれ?背でかくね?台に乗ってる?ああ!可愛い!ヤバイ!あのオッサン超フランクに喋ってる!!

などなど思っているうちに気づけば前の人が握手をしていた。次は私だと思うと腰が引けたせいでスタッフの人に「もう一歩前に進んでくださ〜い^^」と言われる。そして念願のマジでガチな石田亜佑美と対面するのであった…

 

 〜握手会開幕〜

石田「ありがとうございます!」←可愛い

だーいしのほうからガッチリと握手。腕細い。

私「握手会初めて来ました…」(めっちゃ消え入りそうな声)

石田「わぁ!ありがとうございます!!」←日本一可愛い

チラッとだーいしの顔を見る。めちゃくちゃこっち見てる!!!!私のこと見てる!だーいしが!

私「あの…大好きです…」(ド緊張)

石田「うふふありがとうございます!ありがとう!」←世界一可愛い

ここで私、アレッッ握手長くない!?!?!?と若干のパニックに。

私「アッ…オッ…お手紙書いてきたので読んでください…」(蚊のような声)

石田「あっはい!もちろん読みます!」←宇宙一可愛い

ここで剥がし、動く。もう終わりか。だーいし、バイバイ。ありがとう。さようなら…という切ない気持ちで手を離そうとすると

石田「また来てください!また来て!」

私(声が出ず会釈しかできない)

手を離し、去り際で天使アユミエル、小動物のような可愛さで念を押してくる!

石田「また来てね!」

私「ハイまた来ますありがとうございました…」(声になってない)

石田「ありがとう!」←手フリフリ可愛い

〜終了〜

 

こうして10秒もない握手を終え、感激のあまり、涙を流しつつ新宿を去った。握手を終えたばかりの私にカレピッピ「石田いた?」

いたにきまってんだろ!

 

・握手会を終えて

反省点として、顔をほとんど見ることができなかった、声が小さかった、ありきたりな会話をしてしまった、などなどが挙げられるが、極め付けは全然写真集のことに触れてないということだ。ま、初めてだからいいや。問題は「また来てね!」と言われたおかげでまた行くわ〜〜〜〜という気持ちになってしまったこと。まんまと再び行くことになるかもしれない。まんまと!握手会を終えたばかりの私は、勘違いしてしまう痛いヲタの気持ちが痛いほどよく理解できた。こんな対応をされたら好きになるに決まっている。私が女だからかもしれないが、とても神対応に感じた。オッサンて不利だな。オッサンのまーちゃんヲタとかどうしてんだろ。それと同時に、こんなに感動するのであれば多少無理してでも、鞘師とズッキの握手会に行くべきだったと思った。

 

・肝心の写真集は

水着多い。でべそ可愛い。一番好きな写真は、最後から3ページ目の桜をバックにした大きい写真。振り向きざまの大人っぽい表情がとても良い。綺麗な写真だ。ハァ〜〜〜〜〜可愛い!!!

f:id:mrmrrr:20160714141425j:imageメイキングDVDもまた良きかな

 

以上、初めての握手会レポートでした。

 

p.s. なんだかたくさんの人に読んでいただいているようです。アクセス数見てビックリしました。ありがとうございます。 

 

 

14.7.2016

15.7.2016追記