少女ab

気ままに 日常と感想と

映画が苦手だけど見てみる その2+『夢見る宇宙』に夢中

ツイキャスってものをやってみたのだけど、音声関係がうまくいかず3日くらい連続で音声テストの配信をしてしまった。音声といってもしゃべりはしないけれど。『DEMENTO』というホラーゲームを昨年末頃に途中までやって放置している状態で、あまりに時間が経って勢いをなくしてしまったためにクリアできずにいるのを、ツイキャスでなんとか雑談して恐怖を紛らわしながらできないものかと考えたけど、よく考えたらキーボードカタカタしながらこのゲームはムリだわ。楽しく会話してる間にフィオナ死ぬ。(メニュー画面開けばいいじゃん)ということで、ツイキャス作戦は断念。あと思いつく手段といえばマツコデラックスの出ている番組を大きめの音量で流して恐怖を笑いで中和しながらやるしかない。

ここまでが世間話

ここから本題

以下前回の映画の話その2。ちなみにこれ見た順番はごちゃごちゃだったりするので、最近ではなく去年見たものも普通に含まれている。

※以下ネタバレ有

 

 

『トランスポーター イグニション』(オススメ度☆☆☆☆)免許とりたくなった。 

レ・ミゼラブル』(オススメ度☆☆☆☆)これはよく知っている話であるうえにミュージカルだから見やすくてよかった。ただ日本語のミュージカルが個人的スタンダードであるために英語の歌は違和感あった。あと「恵みの雨」がないのはいただけなかった。坂本真綾エポニーヌの本領発揮は「オン・マイ・オウン」ではなくこっちだったんだよ・・・。

『エレファント』(オススメ度☆☆☆☆)学校に乗り込む前に二人でいるシーンが「ぼくたち運命共同体よね」的な感じで好きだ。カメラワークも良い。ただ、眠い時に見るとガチ寝する確立99.9%なので十分に睡眠をとってから見たほうがいい。

『HERO』(オススメ度☆☆☆)新しいほうの。ドラマは見ていなかったので北川景子がどんな感じだったのか全く知らない。前作は映画館で見て最後のキムタク&松たか子が可愛くて自分の中ではやっぱり「キムタクの相棒は松。異論は認めない」状態だったために北川より目立っていてよかった。でも前作に比べると話のスケールは落ちた。予算がそんなになかったのだろうか。ウジテレビしっかりしろ。

 『PAN~ネバーランド、夢のはじまり~』(オススメ度☆☆☆)まーたヒュージャックマンか。こいつよく見る。我々がよく知るピーターパンの前の話ということを知らないで見た。フックってあのフック?後のフック船長なんだろうか。なぜ仲間だったのに後に対立するのか。映像がキラキラしていてとても綺麗なんでちょっとこれは映画館で見たかったなと少し後悔。なぜか海賊と癒着がある孤児院のBBAを演じた役者は本当に腹の立つくらいの名演技。

『エレナの惑い』(オススメ度☆☆☆)「えぇ・・・」となること間違いなし。理不尽ていうか不条理ていうか胸糞ていうか・・・。

『ST 赤と白の捜査ファイル』(オススメ度☆☆)藤原竜也の芝居って『新撰組!』以来まともに見ていなかったんだけど、個人的には今作の役とか『デスノート』の夜神月よりも、明るくてニコニコしてるような役のが合ってるような気がしている。この映画は正直、あまり記憶がない。見たの去年だし。志田未来ちゃん変わらないな〜とか思ってたら終わってた。

『誰も知らない』(オススメ度☆☆☆☆☆)これについては個別で語りたいくらい。一言で言うなら悲しくてやりきれない。映画を見て泣くことはめったにないけど、これはあまりに辛くて涙が出た。

ヒトラー 最期の12日間』(オススメ度☆☆☆☆☆)これは少し前にニコニコ生放送でやっていたのでタイムシフトで見ることができた。この頃のドイツについての作品といえば『アンネの日記』くらいしか読んだことがなくて、ヒトラー側から見たドイツというのは本当に最近知り始めたような感じだ。ずっと見たかった映画だったんで(ネタ的にも)ワクワクしながら見始めたのだけど、あまりの雰囲気にのまれて見終わった後は放心状態。ヒトラーの理性と狂気の振り幅がすごすぎて非常に疲れた。「まだやれる!」とか言った後で自殺の方法聞いたり、自殺の覚悟を決めたかと思いきや「まだやれるんじゃ〜」と喚いたりする。見るべき映画だと思う。

 『菊次郎の夏』(オススメ度☆☆☆☆☆)他のたけし映画は全然知らないけど、これは懐かしくて切なくて良い。たけしおじさんバカなんだけど憎めない。競馬のシーンが好き。

 

映画とは関係ないけど最近のマイブーム

BUCK-TICK『夢見る宇宙』

夢見る宇宙

夢見る宇宙

 

 フリーゲーム『ゆめにっき』の恐怖を緩和するためにこれを流していたんだけど今まではエリーゼのために』最高すぎない?くらいしか感想がなかったのに長時間聴いているうちに今では全部最高やん!!!てなっている。「この部屋が 全てなの」「この部屋を 出て行くよ」ほど切なく美しい歌唱が今までありましたかという話だ。もっとネチっこいところがあるはずなのに清々しさすら感じる。歌手活動が長くなるとこういう歌い方をするようになる人は結構いるように思う。(例:坂本真綾 堂本剛

個人的に好きなアルバムを挙げるとすれば『Six/Nine』や『十三階は月光』だが一番好きな曲は『MY FUNNY VALENTINE』で、ひねくれたアルバムが好きなわりにはわりとポップな曲やストレートなロックのが好みなもんで、そうすると『夢見る宇宙』は好きなアルバムに入るんだろうな。

BUCK-TICKは今度新しいアルバムが発売するというのに4年前のアルバムの話をしてしまった。もう4年前!?うわあぁぁぁ〜

一応新しいのも貼っておく。

新作は今井寄りのテイストなのではないかと予想している。けど、最近はハッキリと櫻井寄り今井寄りとジャンル分けできない作品のが多いか。

 

さて今日は待ちに待ったロシアW杯最終予選のスタート。楽しみだ。大島が見たいかな!スタメン期待!

 

 

1.9.2016