少女ab

気ままに 日常と感想と

モーニング娘。について+『冷たい風と片思い』

現在はモーニング娘。'16なのでその話を。OGのことまでやってるといつまでも話が終わらないので・・・少しOGに触れておくと、小さい頃は4期ヲタで、とくに辻ちゃん加護ちゃんがやっぱり世代的に大きな憧れであった。4期が全員卒業した後はガキさんを一番に推していた。

モーニング娘。なんて知らないよ」という人にはあえて説明するのも怠いためとりあえず『リゾナントブルー』でも聴いてみることをオススメする。

 

今のメンバーで一番推しているのは石田亜佑美だ。『Help me!!』のダンスショットを見て、最初から最後まで目が離せず、そこからは完全にだーいしの虜になった。それまでは佐藤優樹が一番好きで、まーちゃんの不気味なくらいの美しい顔がとにかくたまらなく好きだった。とくに『One・Two・Three』のクレオパトラヘアーのまーちゃんがとても好きだった。(申し訳ないが今は2推し)

「ヘルミーのダンスなら鞘師里保のほうがいいだろうがバーロー」と思うかもしれないが、当時鞘師のダンスが上手で綺麗なのはすでによく知っていて「うまくて当たり前じゃん」という感じだったのに対し、正直だーいしのダンスにはそこまで注目していなくて、そのせいで『Help me!!』を前のほうで踊るだーいしに度肝を抜かれてしまったのである。だーいしキレキレじゃん!!!!!って。それからはあのツンとした鼻やキツネ目、なんともいえない田舎っぽさやダサさもすべてが魅力的に見えてしょうがなかった。
歌はうまいとは言えないが、あの立ち上がりがよくて歯切れのいい歌声は楽曲によっては武器であると思う。『大人になれば 大人になれる』でその歌声がよくわかる。

2推しは前述の通りまーちゃんだが、では3推しはというと工藤遥である。工藤のなにがいいかというと、歌声だ。近頃かなり歌唱力が上がったように思う。『ウルフボーイ』の「やってられない」を「やめられない」と空耳してしまったのが工藤を好きになってしまったきっかけだ。やめられないってなに?色っぽくない?と若干恥ずかしい勘違いをして、工藤の表現力が上がったのではないかと一人で盛り上がってしまい、「やってられない」だけ何回もリピートした。完全に工藤の歌声にハマってしまったのである。昨年秋のコンサートツアーPRISMの初日を見に行った時には、新曲『私のなんにもわかっちゃない』のソロパートがとても良くて感動した。早くCDにしてほしいと思っている。

4推しはある意味一番有名な鈴木香音だ。ズッキというと歌が良くてユニゾン要員とか言われているが、個人的にズッキの歌のうまさとか力強さはどうでもよく、好きな理由というのはズバリ顔である。顔というよりは表情と言ったほうがいいのか、ズッキの笑顔の可愛さに私はやられてしまっている。とにかくあのニーッとした笑顔が好きだ。女は愛嬌。生まれ変わったらズッキくらい素敵な笑顔のできる人間になりたい。

5推しは生田衣梨奈だ。信じられない話かもしれないが、あの「ちちんぷいぷい魔法にかーかれ!あ!かかっちゃった~!」のせいで、魔法にかかった。でも生田を推している人の半分くらいはこの魔法のせいではないのだろうか。全国の生田推しのみなさん、仲間だろ?私たち・・・。そして最近工藤と同じく『私のなんにもわかっちゃない』のソロパートにとても感動した。

その他のメンバーはまあどっこいどっこいということで、基本的にはメンバー全員、ハロプロ全員大好きだ。ただ私はいわゆる在宅で、メンバーの細かいところまでは正直わかっていない。初現場が昨年の『TRIANGLE-トライアングル-』(6月24日の公演)であり、アフタートークでの鞘師のいじられっぷりに驚いたくらいわかっていない。遠征するくらいたくさんの公演を見に行く人はメンバーに対してまた私とは違った印象を持っているのかなと思う。だーいしは性格がキツイとか言われてますがどうなのか・・・

 

モーニング娘。'16、というか最近の事務所の動きにはけっこうな不満がある。まず13期オーディションをすることが意味不明というか、イミフ!!とカッとしてしまうくらい賛成できない。なぜ今のメンバーをしばらく大人しく見ていられないのかがわからない。道重さゆみが抜けて焦った結果、鞘師まで抜けるという痛恨のミスをやらかしたクソ事務所は、また焦ったのか早々と13期オーディションを決めてしまった。私は鞘師の卒業を事務所のせいだと思っている。私は鞘師卒業が決まった時、他のメンバーのあまりのポジティブさにショックを受けてしまったが、事務所は逆にいやにネガティブのように見える。鞘師卒業してからこれからどうするかというのは、どちらかといえば事務所がポジティブに捉え、メンバーがネガティブに捉えなければならないことだったのではないか。ちなみに私は鞘師卒業が悲しいわ辛いわで、もはや恨むくらいの気持ちだった。なんだかんだで鞘師のことは石田以上に好きだったのかもしれない。
12期もまだ加入して1年経ったばかり。尾形春水はスキル的成長はあまり見込めないが、野中美希がここからどれだけいけるか、牧野真莉愛羽賀朱音はまだまだ未知数の伸びしろありという中で、なぜもう少し12期を見守れないのか、育てる気がないのか。おいクソ事務所聞こえるか?12期やこれから加入する13期の面々が小田さくらのような助っ人外国人的超スキルメンバーだったらいいが(しかも自分の魅せ方をよく知っている)、まず12期がそうではないのだから、今は待ちの状態が良いのではないかと思うわけである。
ただ、後藤真希久住小春のような女の子を13期として一人だけ加入させたら手のひらを返すかもしれない。あの桃々姫さんていう子なら入れてもいいのよ。


だらだらと話したところで最新シングルの『冷たい風と片思い』のレビュー的なことをしたい。

他の2曲は色々理由があって正直なところ好みでなかったのでとくに言うこともない。

私はピアノを習っていたわりには音楽に全く詳しくないため(美術に流れたせいもある)、専門的な話は全くもってできないのだが、ちょっとそれっぽいことを言うと、楽曲自体はメロウで、マイナーで、ミディアムという、完全に私が好きな奴だった。最初は鞘師ソロの予定だったという。最近の鞘師の歌声は声変わりしたのか聴いていてあれ?となっていた人が少しいるんじゃないかと思うが、それでも(個人的に)鞘師のファルセットが美しいことが『触れればココロがあふれだす』で決定的になったことを考えれば、このような楽曲を作ったつんく♂グッジョブという気持ちである。鞘師ソロでも歌ってほしかったところだが、それはいつか留学から戻ってきた時に期待したい。戻ってこないだろうということはこのさい考えない。

f:id:mrmrrr:20160915220328j:image

振り付けは全体的にセンスないと思うがダンスしながら歌うような曲ではないのでしょうがないだろう。『時空を超え 宇宙を超え』も名曲だったが同じ理由で振り付けが一部微妙だと思った。鞘師のソロダンスは、コンテンポラリーダンスというらしい。このソロダンスは少し古典的な感じがして好きなのだが、「コンテンポラリー」とは「現代的」という意味だ。古典的じゃないじゃん。ウィキペディア先生によると非古典的かつ前衛的で、時代の先端を体現しているとかどうのこうのとのことだが、つまり明確な定義はなくて曖昧な概念らしく、正直、なるほどわからんということらしい。YOSHIKO先生が鞘師の正直な気持ちを想像して、感情的で激しいダンスにしたとブログで語っていた。それがコンテンポラリーということなのか?鞘師は髪の毛の扱いがうまくて、かっこいい振り乱し方をする。『Oh my wish!』でも、髪の毛をバサッと動かす姿はたまらなくかっこよかった。キリ役をやったからだろうか。と思ったが、色々見返してみるともう『One・Two・Three』の時点でかっこよくやっている。振りの中で長めの前髪で片目が隠れる姿には気迫に満ちている。卒業を発表してからの鞘師は憑き物が落ちたのか表情がやわらかくなって、少し痩せたような気もした。少しでもいいコンディションでラストシングルを迎えてほしかったのでそのことは本当によかった。ズッキのリバウンドが悔やまれる。逆にはーちん痩せすぎ、事務所なんとかせい。

 

つんくも道重も鞘師もいなくなってこの先不安であるがなんとかやっていってほしい。文句はたれるがやっぱり大好きな存在であるから。

ちなみにここまで10日もかけた。そのわりにたいしたこと言ってなくて泣けてくる。

 

 

19.1.2016

15.9.2016 加筆修正